整体院開業に必要な資金

整体院を開業するに当たって、どのくらいの資金が必要になるのか気になるという方も多いのではないでしょうか。そこで今回は、整体院開業に必要な資金について調査した情報を詳しくご紹介していきます。開業方法によっても必要となる資金が異なるので、ご自身の開業イメージを持ちながらご覧ください。

自宅で開業する場合

まずは、自宅で開業する場合に必要な資金について確認していきます。自宅の場合が最も安い費用で開業することができます。相場としては10万円から50万円前後で開業可能であり、少しでも費用を抑えたい方にはおすすめです。

自宅の一部をそのまま活用することができれば内装工事費用もかからないので、安く開業できます。タオルやオイルなど、施術に必要なものを揃えるだけでも十分です。

マンションやアパートを借りて開業する場合

マンションやアパートを借りて開業する場合は、家賃の5ヶ月程度を用意する必要があります。自宅で開業する場合と比べると割高になりますが、100万円程度あれば開業することができるでしょう。

家賃を抑えればその分開業資金も安くすることができます。反対に、家賃が高い場合はそのまま開業資金に影響してくるので注意が必要です。

店舗を借りて開業する場合

店舗を借りて開業する場合には最も多くの資金が必要となります。店舗を借りるためには、敷金保証金として家賃の10ヶ月から15ヶ月前後のお金を準備する必要があります。また、内装工事や設備費にもお金がかかります。

一般的な目安として、店舗を借りる場合は200万円から300万円程度の資金が必要になると理解しておくと良いでしょう。都内の中心部など、坪単価が高い場所で開業しようとすると、さらに多くの費用がかかることがあります。

まとめ

整体院の開業に際しては、どういったスタイルで開業するのかによって必要となる資金が変わってくることを理解しておきましょう。自宅で開業するのか、マンションやアパートで開業するのか、それとも店舗を借りて開業するのかによって必要な資金が変わります。自身の財政状況も考慮しつつ、開業のスタイルを決めることがおすすめです。

30年以上蓄積されたノウハウが手に入る!開業実績実技指導がある
整体師の通信講座3選

健友館

学費:48万※1
卒業生の開業実績※2 160院
講座の学習期間 4カ月

日本自然療法総合学院

学費:50万6千円
卒業生の開業実績※2 要問合せ※3
講座の学習期間 2年

東京療術学院

学費:84万2千円
卒業生の開業実績※2 137院
講座の学習期間 -