整体師の資格の種類

一言で整体師と言ってもその数は豊富であり、種類も複数あります。大きく区別すると国家資格と民間資格の2つに分けることができますが、その中にも複数の種類があります。それぞれの資格名や概要を把握することで、整体師に対する理解をより一層深めることができます。資格の種類に注目をして解説を行っていきます。

さまざまな資格がある整体師の世界

整体師の世界はとても奥が深く、資格にもさまざまな種類があります。国家資格と民間資格に区別すると理解を促進しやすくなります。国家資格としては主に以下の資格を挙げることができます。

・按摩マッサージ指圧師
・鍼師
・灸師
・柔道整復師 など

一方で、民間資格としては以下のような資格を挙げることができます。

・整体師
・カイロプラクター
・リフレクソロジスト
・セラピスト など

資格の種類によって試験の内容や実技の内容も変わっていきます。自分がどの資格を取得したいのかをきちんと把握することによって、将来の方向性も決めることができます。さまざまな資格があることを理解した上で、必要な知識やスキルを習得していくことが大切です。

国家資格

あん摩マッサージ指圧師

3年かけてしっかりと学ぶ国家資格です。手技により筋肉のこりをほぐし、痛みを軽減する仕事です。東洋医学がベースとなっています。
大きな特徴は「保険適応できる施術がある」ことです。医療としてマッサージが必要だと判断され、関節拘縮や筋麻痺がみとめられた場合の施術が対象となります。

はり師

「鍼(はり)」を使用して症状に必要と思われるツボを判断・刺激し、患者様の不調を改善することを目的としています。「きゅう師」とは別の資格として取り扱われ、「きゅう師」と一緒に資格をとり仕事にする方が多いようです。両方の資格をもっている場合「鍼灸師」と呼ばれることになります。どちらかの資格だけで働く人もありますが、多くは両方の資格を取得し「鍼灸師」として働いています。

きゅう師

「灸(きゅう)」とよばれる「もぐさ」をツボの上で燃やし温熱効果を用いて、患者様の不調を改善することが仕事です。東洋医学の考え方がベースとなっており、自然治癒力を高める効果も期待されています。「はり師」とよく似たカリキュラムであるため、同時に資格を取得する方が多いようです。またあんまマッサージ指圧師と合わせ3つ同時に取得する方もいます。

柔道整復師

出血のない捻挫や骨折、打撲、脱臼などの治療を行います。
医師や看護師免許が必要とされる医業行為は禁止されていますが、「保険適応できる施術がある」のが大きな特徴です。保険適応となるのは五十肩や神経痛、頚腕症候群、リウマチ、腰痛症や頸椎捻挫後遺症など比較的長く続く痛みに対する疾患を中心とした施術が対象となります。

民間資格

整体師

国家資格ではないため必須資格はありません。そのため、未経験でも無資格でも「整体師」を名乗ることができます。
手技や機器、道具を使用し、骨格のゆがみにアプローチすることで、身体の調子を整えるように働きかけてくれます。柔道整復師などとは異なり制術に保険適応はありません。また、もし、マッサージや指圧、あん摩、はり、きゅうを行う場合には、免許の取得が必要です。

カイロプラクター

「治療」ではなく「療法」として扱われています。脊椎を中心にその周辺を調整し、ゆがみや痛みへのアプローチ、機能調節、自然治癒能力を高めることによる効果を期待します。「指圧」に通ずる部分がありますが、分類上は指圧ではありません。

リフレクソロジスト

「治療」ではなく「反射療法」と呼ばれる療法の一種です。手や足、顏など体の末端部分に刺激を与え反射を利用することで疲労回復や免疫アップをうながすことを目的としています。直接患部に触れずに回復をはかるのが大きな特徴です。

セラピスト

セラピストとは、心と体のそれぞれから、人の気持ちをリラックスさせたり、体の不調をととのえたりする施術を行っている人のことです。「セラピスト」という言葉の意味は広く、日本語にすると「治療師」という言い換えもできます。セラピストが行う施術は幅広く、香りで人をリラックスさせるアロマテラピーを行う人(アロマセラピスト)や、栄養療法で人の健康をサポートする(フードセラピスト)もその中に含まれています。その他にも、癒し効果を中心とした不調へのアプローチを行う人のこともセラピストといわれているようです。

整体師は民間資格

上記でも触れましたが、いわゆる整体師とは民間資格であり国家資格ではありません。幅広い意味で使われることがある整体師ですが、国家資格として認められているのは按摩マッサージ指圧師や鍼師、灸師などです。

国家資格を持っていない施術者のことを総称して整体師と呼ぶこともありますし、業界の中では便利な言葉として使われることがあります。国家資格がなくても十分な施術スキルを持っている整体師の方も少なくありません。

開業を目指す上で、お客様に対してどういった施術を行っていきたいのか考えることも重要です。その中で自分に必要な資格の種類を見つけて、取得に向けて努力を重ねることが求められます。

まとめ

整体師にはさまざまな資格があることを理解した上で、開業にあたって必要となる資格取得を目指すことがポイントです。お客様からの信頼を獲得して、持続的に発展させていくために必要な知識やスキルの習得を目指していける環境を整えていきましょう。

30年以上蓄積されたノウハウが手に入る!開業実績実技指導がある
整体師の通信講座3選

健友館

学費:48万※1
卒業生の開業実績※2 160院
講座の学習期間 4カ月

日本自然療法総合学院

学費:50万6千円
卒業生の開業実績※2 要問合せ※3
講座の学習期間 2年

東京療術学院

学費:84万2千円
卒業生の開業実績※2 137院
講座の学習期間 -